HOMECONTACTUS
FAVORITES MUSIC PERFORMINGARTSEXHIBITIONJACKETANDPACKAGEBOOKLETLOGOANDMARKFINEARTPROJECT

19世紀プロイセンの将軍による戦争と軍事戦略に関する書物『戦争論」からの引用をもとにした作品。作者クラウゼヴィッツが言うように戦争は政治の延長であるばかりでなく、近代戦争が国家総動員の全面戦争である事から、その内容は経済はもちろん、文化、哲学にも共通する金言に溢れている。必要な知識はきわめて単純である。しかし、その実行は容易ではない。もしも目標が極端なら、努力も極端にならざるを得ない。人はすべて自分のやり方で実行する。

Vom Kriege(戦争論)

もし目標が極端なら、努力も極端にならざるを得ない。