HOMECONTACTUS
FAVORITES MUSIC PERFORMINGARTSEXHIBITIONJACKETANDPACKAGEBOOKLETLOGOANDMARKFINEARTPROJECT

チラシ&ポスター HI-REAL

91~92年、汐留の東京パーンにて、パナソニック主催で行われたHI-REALシリーズ。 日本で最初のデジタル・テクノロジーを使った音と映像による、本格的メディア・アートのライヴ・イヴェントです。

テリー・ライリー TERRY RILEY

60年代というよりも20世紀を代表する現代音楽の作曲家でありピアニストでもある テリー・ライリーの初のミディ・ピアノ(コンピュータ内蔵ピアノ)によるコンサート。世界初演の「NEW ISLAND」を演奏した。また、山水画を地紋に、踊る仏像やチャクラ図、コンピュータ回路図に工業用マークなどで、 テリーさんの音楽とミディを表現。そして、テリーさんといえばレインボー・カラーを忘れてはいけません。なお、 コンサートの後にテリーさんとはいろいろと話す機会があったのですが、その時、君はピュア・マインドを持っていると言ってもらったのは MOJOWORK の何よりの勲章です。

クリスチャン・マークレイ CHRISTIAN MARCLAY

NY の現代美術作家を中心とし、ネナ・チェリーのバックDJ、 オリジナル・デジタル楽器プレイヤー、 ロリー・アンダーソンの美術監督らによる100台の レコード・プレイヤーを使ったパフォーマンス。中世ヨーロッパのアポカリプスの木版画を地紋とし、 地球そのものをレコード・プレイヤーにかけてしまうというデザイン。ところで、この前ツーパックの映画を見ていたらジャジーがDJ コンテストの審査員役で出ていた。ジャジーさん、オレから奪った帽子はまだかぶってますか?

オーネット・コールマン・トリオ ORNETT COLEMAN TRIO

フリー・ジャズの創始者オーネット・コールマンがW.バロウズの「裸のランチ」 の映画サントラをひっさげて登場。クローネンバーグの映画の一部やバロウズの自作フィルムと共演。本作は、ジャジーで 知的でクールなイメージを出したかった。あえてクローネンバーグの映画のヴィジュアルを使っていません。ところで、リズムにもメロディーがあることをこのライヴで初めて知りました。 デナードのドラムはとにかくスゴイ。

コンラッド・ベッカーwith ゼブ KONRAD BECKER with ZE'V

ウイーンのヴィデオ&メディア・アーティストとLA出身の パーカッショニストによるコラボレイション。HI-REALシリーズの記念すべき第一弾。現在のハウス・カルチャーに先行するイヴェントでした。脳髄神経イラストとテーマに関連する様々なマーク&アイコンを配置。脳髄直撃のハイパーなデザインとしました。なお、この時作ったサード・アイを持つスマイル・マークは今でもお気に入りのキャラクターです。

ナット・ヒューマン&マリアン・アマシェ NAUT HUMAN and MARYAN AMACHER

シスコのノイズ・アーティストとMITやハーバード大学で人工知能やNASAの仮想環境表示システムのプロジェクトに参画したサイエンティスト&アーティストによるコラボレーション。 20世紀初頭の交通事故を描いたエッチングをカット・アップし、その上に各種の交通マークおよび人力プロペラ 鳥男!?をちりばめたデザイン。

サイキックTV PSYCHIC TV

スロッビン・グリッスルとしてインダストリアル・ミュージックを創始した ジェネシスがサイキックTVとなって初めて来日した記念すべきライヴ。さまざまな写真素材を地紋ではなく 飾りケイとして処理した作品。ところで、 ジェネシス自慢のオッパイのピアスをひっぱらせてもらったのですが、予想以上にオッパイが伸びるのに驚いたのでした。